犬小屋日記

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
産まれてくれました☆
from うたた寝日記
ドリーミオ dreami..
from ブログで情報収集!Blog-..
ついに我が家もホームシア..
from うたた寝日記
永田ジョージ&峰村泉Fi..
from Kamesan Daily
タブレットPC
from パソコン図書館
フォロー中のブログ
ライフログ
リンク

ANAホテルズ

 iTunes Music Store(Japan)

茜屋珈琲店

RSS feed meter for http://furuyan.exblog.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

プロジェクト打ち上げ(*~ρ~)/C□

昨年後半から参画していたプロジェクトが3月末でクローズしたので、自分がリーダーを張ってたインフラチームで打ち上げをやってきました。

で、その前に、お借りしていたお客さんのビルの入館証の返却を兼ねてプロジェクト離任のご挨拶もしてきました。

ホントはクローズの当日にでもご挨拶に行きたかったんだけど、お客さん側の都合がつかないとのことで今日になりました。

プロジェクト自体は散々なトラブルプロジェクトで、お客さんには散々ご迷惑をおかけしたし、酷いときにはわざと障害を発生させてるんじゃないかなど疑いをかけられたりもしたけれど、レスキューチームとして一つひとつ対策を立てて潰してきたお陰で3ヶ月後には安定稼動までもっていけたことで、お客さんとの信頼関係も修復することができて、今日はお互いに笑顔で労をねぎらいあってきました。

頑張ってやってきたことは、お客さんも見ていてくれたんだなと報われた感じですが、これまでに離任したメンバーはほとんど誰もご挨拶にうかがっていないみたい。
最低限のビジネスマナーじゃないのかねぇ(-.-;)


打ち上げ自体は協力会社さん含めて8名での開催。主要メンバーが3名欠席だったり、プロジェクトの途中でメンバーの入れ替えもあって今日初めて顔を合わせるという人もいたけれど、チームとしての一体感を持って数々の逆境を乗り越えてきた仲間ということで、また一緒に仕事をしたいとあらためて思いました。
そしてリーダーではあったけれど、各メンバーの頑張りがあってのことだし、メンバーから教えられることもたくさんあってこっちが感謝しなくちゃいけないことばかりでした。

あるメンバーから「また是非、古谷さんと一緒に仕事したい。どんなに大変なプロジェクトでもいいから呼んで欲しい」と繰り返し言ってくれたのはホントに嬉しかったなぁ。
こちらこそよろしく!という心境です。

ホントに大変なプロジェクトだったけれど、自分の財産と呼べる貴重な仲間を作ることができたという意味では、得るものが大きなプロジェクトでした。


でもそろそろレスキューじゃない入り方をしたいものです。

by furuyan_jp | 2008-04-25 01:12 | Life
<< 意外と多いのね... 疲れたぁ~ >>