犬小屋日記

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
産まれてくれました☆
from うたた寝日記
ドリーミオ dreami..
from ブログで情報収集!Blog-..
ついに我が家もホームシア..
from うたた寝日記
永田ジョージ&峰村泉Fi..
from Kamesan Daily
タブレットPC
from パソコン図書館
フォロー中のブログ
ライフログ
リンク

ANAホテルズ

 iTunes Music Store(Japan)

茜屋珈琲店

RSS feed meter for http://furuyan.exblog.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ヤバイ、遅刻!?

プル、プルルル、プルルル。

今朝は自宅の電話が鳴る音で目が覚めた。今日は月曜日。
「ヤバイ。寝坊した!?」「会社からか!?」とあせって電話を取ると、
「もしもし、K美ちゃん?」
という中年女性の声。「K美ちゃんって誰だ?」意味が理解できずに
「はい?」
と聞き返すと、もう一度
「もしもし、K美ちゃん?」
という。なんだか急いでいるような、切羽詰っているような、助けを求めるようなそんな声。
けれども生憎、うちに「K美」という人はいない。間違い電話だったらしい。
「番号を間違えられてるようですけれど...」
と伝えると、向こうもハッとして
「あ、失礼しました...」
といって電話を切る。
携帯の時計を見ると6:38。まだ目覚ましも鳴っていない。
遅刻じゃないことに安心して二度寝する。

目を閉じながらあの電話はなんだったのか、ちょっと気になって想像してみる。

・電話の主に緊急事態が発生して、離れて暮らす娘に助けを求めていた
・娘宅に電話したのに返事が男の声だったので、ビックリした
・「6:30に起こして」と言われていたのに、6:30を過ぎていたので慌てて電話した

そんなところだろうだろうか。
昨日のテニスの疲れもあって熟睡していたので、月曜の朝から遅刻したかと一瞬あせった。
いや、ホントに人騒がせな電話だった。

by furuyan_jp | 2005-05-16 09:50 | Life
<< これ便利 あ、足が... >>