犬小屋日記


だらだらと更新中
by furuyan_jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
産まれてくれました☆
from うたた寝日記
ドリーミオ dreami..
from ブログで情報収集!Blog-..
ついに我が家もホームシア..
from うたた寝日記
永田ジョージ&峰村泉Fi..
from Kamesan Daily
タブレットPC
from パソコン図書館
フォロー中のブログ
ライフログ
リンク

ANAホテルズ

 iTunes Music Store(Japan)

茜屋珈琲店

RSS feed meter for http://furuyan.exblog.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


仕事納めのはずが...

今日で今年のお仕事はおしまい。
今年も一年間、いろんなトラブルがありましたよ。

でもお陰でDBのバックアップはいろんなパターンを覚えたし、レスキューで入ってもリーダーシップとることもできたし、ヒューマンスキル、テクニカルスキルともに伸ばすことができたんじゃないかと。

上司もきちんと評価してくれて、年間の評価も納得できるものをもらえましたよ。


と、ここまで書いたのは28日の25時頃。


それがなんで今頃UPされるかというと、その直後にシステムトラブル発生の連絡が入り、夜中は3時半までメール対応、翌朝9時から出勤して帰宅は19時。
日記を更新するどころじゃなくなったから(泣)

28日はせっかく学生時代の友人たちとの忘年会で楽しい時間を過ごして帰って来たのに、一気に現実に引き戻されましたよ。

しかも昨日の出勤後、プロジェクトメンバーに電話をしても1人しか出てくれず、プロジェクトルームの鍵を持ち帰った人とも連絡取れずで、結局入室できたのは14時。

トラブルの原因を調べてみたら、後輩君のありえない作業ミスが発覚。
念のために仕掛けておいたセーフティーネットが機能してたので最悪の事態は回避できたけど、各方面への連絡・報告してたらあっという間に夕方に。

ホントなら伸びてきた髪をさっぱり切って、高校時代の友人たちと忘年会の予定だったのに両方ともキャンセルでした。


仕事納めしたはずが、最後の最後に休日出勤だなんて、やっぱりこのプロジェクトは呪われてました(-_-)
[PR]

by furuyan_jp | 2007-12-30 11:16 | Life

彼女との一年

新しい彼女との生活が始まって、今日でちょうど1年になりました。

今日という日を無事に迎えられたこと、そしてたくさんの人に愛され、可愛がってもらって、本当に幸せ者だと感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもどうぞよろしくお願いします。

そして平日は毎晩帰宅が遅くほとんど育児なんてできないので、ホントに嫁さんに完全にお任せ状態なわけで、その意味でもこの一年間、本当にお疲れ様でした&ありがとう!


祖父母を呼んでの誕生祝いは週末にしたので、今日は会社を休んで、デジタル一眼レフを持参して近所の公園へ散歩へ。
家の中ではよちよち歩いていたけれど、屋外で靴を履かせると歩きにくいのかこれまではほとんど歩くことがなかったのに、今日は両親へのサービス精神でか!?あちこち歩き回ってくれたので、カメラとビデオで大忙し。

久しぶりに一眼レフを構えてみたら、コンパクトカメラにはない写りに感激。
半分カメラマン気取りでバシバシ撮っていたら、ほんの2時間で166枚も撮ってました(笑)
その中からかなり厳選した何枚かをアルバムにしてみました。親ばか万歳!


それにしても子供って、一緒にいる時間に比例して、自分に心を許すというか、なつくというか、なところがあって、時々平日に起きてる時間に帰った時の様子と、土日丸々一緒にいた後の日曜の夕方とでは、やっぱり様子が違うんですよね。
今日みたいに週の間に1日休みが入ると、次の週末もまだ覚えていてくれてるような感じです。
とはいえ、夜になると「ママぁ~」と言って泣かれることが多いんですけどね。

この一年で、これまで夜泣きで何度と泣く起こされたり、寝かせつけようとしてもギャーギャー泣き続けられて虐待に走る人の気持ちがわかるようになってみたり、育児のストレスから嫁さんの八つ当たりをくらったりと、これまでに経験のないような正直つらいことも多々あったけれど、それでも帰宅して顔をあわせた瞬間に、ニコー!とされてキャッキャと笑ってくれたら、そんなことはすっかり吹き飛んでしまいますよ。

すぐに物を投げたり、人の顔を叩いたり、食事中にテーブルの上に足を上げようとしたりと、いささか将来に不安なところがあったりするけれど、いったいどんな子供に育っていくのやら。
[PR]

by furuyan_jp | 2007-12-06 20:51 | Life