犬小屋日記


だらだらと更新中
by furuyan_jp
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
産まれてくれました☆
from うたた寝日記
ドリーミオ dreami..
from ブログで情報収集!Blog-..
ついに我が家もホームシア..
from うたた寝日記
永田ジョージ&峰村泉Fi..
from Kamesan Daily
タブレットPC
from パソコン図書館
フォロー中のブログ
ライフログ
リンク

ANAホテルズ

 iTunes Music Store(Japan)

茜屋珈琲店

RSS feed meter for http://furuyan.exblog.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


成長できたかな?

夏からアサインされてる今のプロジェクトは、元はといえば先輩・同期・後輩と一緒に提案していたプロジェクトがお客様との契約に至らず、先の予定がスポ~ンと空いてしまったのでアサインされたもの。

DBやアプリのチューニングやパフォーマンス改善と、現場に入って自分の判断で人を動かしたりする役割を期待されて入ったら、いつの間にかインフラチームのリーダーを任されるようになって数ヶ月。
まだまだ課題は山積みだし、満足できる状態とはいえないけれど、仕事の内容はお客様からも評価いただいてるようで、今の契約が切れた後も引き続き残ってほしいというリクエストもいただいてるらしいです。

個人的には来年以降も残留するつもりはなくて、新しいプロジェクトに引っ張ってもらおうと思ってたら、今日部長から、以前に提案していたお客様から来年プロジェクトがスタートできたら、是非僕に入ってほしいとリクエストいただいてるという話しを聞かされました!

こちらとしては願ったり叶ったりで、是非にと二つ返事しました。

昨年の今頃は、来年も同じ仕事したくないなんて真剣に悩んでいたけれど、こうしてお客様から名指しでリクエストいただけるようになったってことは、この一年で成長したってことなのかな、と嬉しく思った瞬間でした。

自分ではまだまだ自分の仕事内容に満足してないから、もっと経験積んで、より質の高い仕事ができるように頑張るですよ。

あとはこれが給料に繋がってくれれば言うことなしなんだけどなぁ...f^_^;
[PR]

by furuyan_jp | 2007-11-26 20:44 | Life

お別れ

昨晩遅くまで仕事して時間を作れたので、今日は朝から実家へ寄って愛犬とお別れしてきました。

ロッキーには幼なじみにして相思相愛のシベリアンハスキーの彼女がいて、昨日は早速飼い主さんが彼女の写真入りのメッセージカードとお話を届けてくれたそうです。
遺体を入れた巨大段ボールの上にはいただいたカードのほかにも、彼女との海岸でのツーショット写真や、うちの庭での写真のほか、愛用していた首輪も飾られてました。

遺体はすっかり冷たく固くなっていたけれど、そのままムクッと起き上がってきそうなくらい自然なままで、本当に穏やかな表情をしてました。

まだまだ若くて元気な頃は、海岸を端から端まで往復したり、散歩に連れ出すや否や彼女の家目指してぐいぐい引っ張られたり、何度か脱走して近所を探してまわったり、今となってはなにもかも楽しい、懐かしい思い出ばかり。

妹が犬を飼いたいと言い出した時、実家の祖母は怖いとか気持ち悪いとか嫌がっていたけれど、毎日一緒に暮らしてるうちに「ロッキーだけは可愛い」なんて言って可愛がってくれるようになったっけ。

こんなにみんなに可愛いがられて、ロッキーは幸せなわんこだったし、こんなにみんなを癒してくれて、ロッキーに出会えた僕らも幸せでした。

ホントにホントにありがとう!

どうか安らかに眠ってね。
[PR]

by furuyan_jp | 2007-11-15 23:58 | Life

愛犬逝く

d0028964_9213321.jpg

久しぶりの日記がこんな日記になるなんて、まったく予想外でしたが、昨晩実家のわんこが亡くなりました。
本当に急な報せで、僕自身もまだ信じられません。

ここ数日元気がなかったらしいのですが、夕方の散歩中に歩けなくなり、病院で診てもらっても原因不明だったので連れて帰ったそうです
そしたらその後、数時間と経たないうちに、ホントに静かに眠るように、実家の家族3人に見守られて息を引き取ったそうです。

来月で14歳になるはずだった大型犬のロッキー。
産まれて1ヶ月の頃は手の平に乗るくらい小さくて、ホントに愛らしかったなぁ▼o・ェ・o▼

心優しく穏やかな性格で、デカイくせに臆病者、どこかマヌケなところがあって、本当にたくさんの人に可愛がってもらいました。

昨晩遅くに死んだので、僕は会いに行けなかったんだけど、ロッキーから僕の夢の中に出て来てくれて、まるで「今までありがとう、忘れないでね」とでも言ってるように僕の顔をたくさん舐めてくれました。

最期を病床で迎えた祖母の時も、何度も祖母の夢に現れては励ましていたロッキー。僕のところにもお別れに来てくれたんだね。
今までたくさんの素敵な思い出を本当にありがとう!出来ることならもう一度会いたかったな。

天国では、昔海岸でよく遊んだたくさんの友達わんこ達と、また楽しく遊んでください。


写真は3日前の僕の誕生日に、妹が写メしてくれた写真です。
これが最後の1枚になってしまいました(:_;)
[PR]

by furuyan_jp | 2007-11-14 09:21 | Life