犬小屋日記


だらだらと更新中
by furuyan_jp
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
産まれてくれました☆
from うたた寝日記
ドリーミオ dreami..
from ブログで情報収集!Blog-..
ついに我が家もホームシア..
from うたた寝日記
永田ジョージ&峰村泉Fi..
from Kamesan Daily
タブレットPC
from パソコン図書館
ライフログ
リンク

ANAホテルズ

 iTunes Music Store(Japan)

茜屋珈琲店

RSS feed meter for http://furuyan.exblog.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Jazz( 9 )


CDに直筆サイン!

もうすでにあちこちでミシェル・カミロライブの感想が書かれていますが、本当に凄かったです。

まずカミロ本人がステージに登場しただけでものすごい拍手。
1分くらいは拍手してたんじゃないかな。みんなの期待の高さがよく現れてます。

そして1曲目から迫力ものでした。
もうね、見えないんです、鍵盤を叩く指が。
「弾く」というより「叩く」ように演奏してます。
勝手に「神の手」と命名しちゃいました。
でもそのな激しい演奏だけではなく、メロウな曲はしっとりと、客席を引き込んでいく。何回聴いてもスバラシイ。

そして今回トリオを組んでいたベースとドラムも激ウマ。
目で会話をしながらすっごく楽しそうに弾いてるのを見て、楽器が弾けないことを激しく後悔。

曲目はほとんどわかんなかったけど、唯一「テキーラ」だけはわかりました(^_^.)

一通り演奏が終わって拍手で送り出し、アンコールを求める手拍子がなり続けるものの、出てくる気配なし。
照明があかるくなり、店員も「早く帰れ」的な雰囲気をかもし出し、BGMが流れ始める。

「え~、アンコールないの~(泣)」

かなりがっかり。仕方なく会計を済ませると、店の奥でサイン会をやってるとの情報を入手。
早速CD販売の列に並んで、アルバムタイトルだけ見て「Spain Again」を購入。
そしてそして、CDの盤面に直筆サインもらって、しっかり握手してもらっちゃいました!
アンコールなかったけど大満足。
期待していたSpainも、帰り道に「ギターがいなかったからSpainはできないよね」と言われて、曲目になかったことにも納得。メンバー見て気づけよって。

d0028964_024516.jpg写真はその直筆サイン入りのCD。
David Sanborn松永貴志に続いて3枚目のお宝です!

ジャズピアノが好きな人は是非行ってみてください!
水・木・金とまだ空席ありますよ~。
このライブを8,400円で聴けるのなら、行く価値は十分にありますよ!

2006 5/21(sun.)演奏曲目リスト
[PR]

by furuyan_jp | 2006-05-23 00:37 | Jazz

ミシェル・カミロatBlueNote

d0028964_15163849.jpg

3月の小曽根真に続いて、今日はラテンジャズピアニストのミシェル・カミロのライブ
今日のためにいつものテニススクールは昨日に振り替えて、整理券をもらうために14時から並んでます。

前回カミロを聞いたのは4年前?
大学の先輩の二次会、会社同期の二次会、そしてBlueNoteとトリプルブッキングで、六本木~青山周辺を走り回った記憶が(笑)

おかげでライブの開始に間に合わず、2~3曲聞き逃したのが悔しかったなぁ。

今夜こそは満喫するぞー!是非ぜひ、Spain弾いてほしいな!

翌日には曲目リストもWEBで公開されるはずだから、iTunesのライブラリに追加しなくっちゃ
[PR]

by furuyan_jp | 2006-05-21 15:16 | Jazz

Michel Camilo & Tomatito - Spain

リンクのテストです。
↓クリックしてみてください。
Michel Camilo & Tomatito - Spain
[PR]

by furuyan_jp | 2006-04-10 01:06 | Jazz

サイコーでした!

d0028964_22374666.jpg昨日は久しぶりのBlueNoteへ。小曽根真率いるビッグバンド"No Name Horses"のライブでした。

1stステージの演奏が長引いたとかで、2ndステージの開場時間になってもなかなか入場できなかったけど、運良くなんと小曽根真のすぐ隣の席をゲット!そう、ステージ左のピアノの真正面の席なんです!手を伸ばせばキーボードに触れるし、演奏中の小曽根真から1mと離れていない席なんです!なので小曽根真が入場してきただけでもうテンション上がりっぱなし。

ライブは1曲目から開場全体がノリノリで演奏者自身もとっても楽しそう!小曽根真のMCは話してるうちに素が出るのか、時々関西弁が出てました。

演奏自体も、メンバー全員がとても楽しそうに演奏しているので、客席もつられて何度も手拍子をして、ステージとの一体感を楽しめました。

d0028964_2238625.jpgそして一番驚いたのが、演奏を終了してメンバーがステージから引き上げた直後、まだ観客が拍手で送り出している最中のこと。誰もステージにいないはずなのに、ピアノを弾く音が聞こえてくるんです。ふとピアノを見ると、コック帽をかぶった人がピアノをノリノリで弾いてるんです。みんな一瞬「誰?」「店員さん?」「それにしてはうまいぞ!?」とあっけにとられていたけれど、すぐに手拍子を合わせて、よく聴くとハッピーバースデーの曲じゃないですか!
すると引き上げていったバンドメンバーまで曲に合わせて各自の楽器で演奏しながら戻ってきたので、客席は大盛り上がり。小曽根真もちょっと遅れてステージへ。
そしてピアノを弾いてる人の顔を覗き込んで大笑い。なんと塩谷哲が飛び入りで弾いてるんです!そしてBlueNoteのスタッフがピアノ型のケーキを運んできて、やっと小曽根真本人が誕生日なんだとわかりました。こんな素敵なサプライズを見られてラッキーでしたよ。
小曽根真本人もとても感激したらしく、このバンドメンバーと出会って自分が求めていた音楽とやっと出会えたということ、海外での演奏生活が長かったけれど、日本にこんなにすばらしい演奏家がいるということをとても誇りに思うということを目に涙を浮かべながら熱く語っていました。あぁ、この人は本当にこのメンバーが大好きなんだな、ということがとてもよく伝わってきました。
その後も2回目のアンコールまでやってくれて、結局演奏が終わったのは日付が変わった頃でした。
最後まで聞いてたらきっと終電間に合わないだろうなとおもってたけど、案の定間に合いませんでした(笑)

会計が終わってB1Fのクロークへあがってくると、なんとサイン会の準備がされてるじゃないですか!!
今帰れば途中駅までは帰れるけど、サインもらっていたら渋谷から帰れなくなるのは確実。
というわけで本当に心残りながら帰ってきました。

このメンバーで来年もコンサートツアーをやると約束してくれたので、次回は大阪で関西弁のMCを聞きたいなと思いました。

ブルーノート東京 3月25日(土) 第二部 曲目リスト21:50-23:50

1. Toil and Moil (小曽根真)
2. Night in Tunisia (Dizzy Gillespie & Frank Paparelli)
3. Carney (Rick Henderson / Arr. 小曽根真)
4. T for 2 (中川英二郎)
<ピアノトリオ>
5. Pandora (小曽根真)
6. Stinger (小曽根真)
7. Three Wishes (小曽根真)
8. Toil & Moil (Replays) (小曽根真)
<アンコール>
9. Happy Birthday
10.No Strings Attached (小曽根真) 
  with 塩谷哲(p)
11.You're not Alone (小曽根真)

小曽根 真: piano, organ
近藤和彦: alto saxophone, soprano saxophone, sopranino, flute
池田 篤: alto saxophone 三木俊雄: tenor saxophone
岡崎正典: tenor saxophone, clarinet 岩持芳宏: baritone saxophone, clarinet
中川英二郎、片岡雄三: trombone 山城純子: bass trombone
エリック宮城、木幡光邦、奥村晶,岡崎好朗: trumpet, flugelhorn
中村健吾: bass 高橋信之介: drums
[PR]

by furuyan_jp | 2006-03-26 20:10 | Jazz

土曜日は"BlueNote" Day♪

久々に行ってまいります。
d0028964_20285422.jpg"NO NAME HORSES" directed by MAKOTO OZONE

小曽根真率いるビッグバンドです。いや~今から楽しみです。
何年ぶりだろう。たしか2002年に大阪のBlueNoteで聴いて以来だなぁ。
BlueNote自体も2年近く行ってないぞ。2003年の葉加瀬太郎以来だと思う。
昔は年に何回も行ってたんだけど、可処分所得が少なくなった最近はすっかりご無沙汰です。
普通のコンサートとも、ライブハウスとも違うあの雰囲気はホントに独特ですよね~。

小曽根真って演奏ももちろんいいんだけど、あのトークがまた面白いんだよね。
一見、イメージとは違うけど、話す言葉はめちゃめちゃ関西弁だし(笑)

明後日のためにiTMSで"NO NAME HORSES"のアルバムも購入してshuffleに落としたので、帰り道はこれ聴きながら雰囲気にひたっておこうっと。
そして明後日は15時から配布の整理券のために14時から並びます!
整理券もらったら表参道ヒルズにでも行こっかな。


そしてそして、ちょっと先だけど一緒に行く人募集します!
d0028964_20284257.jpg2006/5/21~5/26
MICHEL CMILO trio with CHARLES FLORENS & DAFNIS PRIETO
予約はこちら

そうです、あのミシェル・カミロです!Chargeも\8,400は安いと思いますよ。
2002年の公演を妹に勧められて聴きに行って感激したのをよく覚えています。
「あれはJazzじゃない!」といわれるかもしれないけれど、よくまぁあれだけ指が動くもんだと感心します。Spainの生演奏はまじで感動ものでした!

現在予約受付中なので、これを機にBlueNoteへ一緒に行きたい人募集します。
平日は何があるかわからないので、初日5/21の1stステージ(18:30開演)を狙います。
とりあえず4名で予約したので、希望者が多ければ追加で予約可能か問合せしま~す。
[PR]

by furuyan_jp | 2006-03-23 20:32 | Jazz

永田ジョージ ラストライブ@高田馬場SunnySide

d0028964_1454867.jpgd0028964_1454873.jpg

今夜は会社の同期、永田ジョージのラストライブに高田馬場SunnySideへ行ってきました♪
ジョージ本人のBlogよりライブ告知

今まで何度も誘ってくれていた彼のライブ、渡米前最後のライブに行けてホントによかったです。
ジョージのピアノもよかったし、ヴォーカルの峰村泉さんもかなりよかったです。
残念ながら写真は撮れなかったけど、めちゃめちゃセクスィ~なドレスで表現豊かに唄う彼女はとてもステキでした。
永田ジョージバンド以外ともライブはやっているそうなので、また行きたいと思います。
Jazzライブに行きたい方はご一緒しましょう。

【追記】
[PR]

by furuyan_jp | 2005-08-14 01:45 | Jazz

今夜はSanbornを珈琲で楽しむ

今日は午後から鶴見でテニスをしてきました。相変わらずダブルフォルトを連発してしまい、不完全燃焼のテニスでした。明日は会社の人たちと有明でテニスです。明後日もスクールでテニスです。うまくなりたいッス。

帰宅して今はお気に入りのDavidSanbornのCDを聴きながら、先日買った珈琲を飲んでまった~りしてます。
Sanbornいいですね。amazonで購入した"Closer"を聴いています。代表作の"ChicagoSong"のようなかっこいい、ハイブロウな曲は少なくスローテンポなスタンダードなナンバー(とCDのライナーノトには書いてある)ばかり。それでもアルトサックスの艶やかな音色は落ち着いた夜によく似合います。
今ちょうど"Closer"が終わったので、あとはiTunesに取りためてある、Sanbornの他のアルバムをかけてます。
[PR]

by furuyan_jp | 2005-04-29 23:57 | Jazz

今夜はJazzライブ♪

今夜は久しぶりにJazzを聴きに渋谷のJZ Bratへ行ってきます。出演者はこちら。ゲストボーカルのTOKUしか知りません。

生演奏自体が久々なので楽しみです。

[PR]

by furuyan_jp | 2005-04-27 13:15 | Jazz

David Sanborn と 松永貴志

週末の旅行で聴けるように久々にCDをAmazonで購入。

1枚目はお気に入りのSaxプレーヤー、David Sanborn。昨年12月に来日してBlueNotesでライブをやっているのは知っていたけれど、不覚にも新譜を出していることには気づいてなかった!!久々に新譜が聴けると思うと楽しみ。

もう1枚は松永貴志のデビューアルバム。このアルバムは以前にHMVで偶然視聴して気に入っていたものの、なぜか縁がなく購入していなかった1枚。TSUTAYAででもレンタルしようと思ってたのも事実。近所のTSUTAYAにはおいてなかったため今まで買ってなかっただけなのだが。
このアルバムではなく、2枚目のアルバム"MOKO-MOKO"がBlueNoteレーベルから"StormZone"として発売されている。BlueNoteのサイトに書き込まれたレビューには賛否が両極端のようだ。彼のテクニックに感動したとするレビューもあれば、"あんなのはJazzじゃない"とか"テクニックだけだ"という厳しい意見も。まぁ他人がどう感じようと自分が気に入っているからいいのだ。
早く届かないかぁ~♪
[PR]

by furuyan_jp | 2005-03-16 11:58 | Jazz