犬小屋日記


だらだらと更新中
by furuyan_jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
産まれてくれました☆
from うたた寝日記
ドリーミオ dreami..
from ブログで情報収集!Blog-..
ついに我が家もホームシア..
from うたた寝日記
永田ジョージ&峰村泉Fi..
from Kamesan Daily
タブレットPC
from パソコン図書館
フォロー中のブログ
ライフログ
リンク

ANAホテルズ

 iTunes Music Store(Japan)

茜屋珈琲店

RSS feed meter for http://furuyan.exblog.jp
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Coffee( 9 )


新鮮なコーヒー

突然ですが皆さんはどこでコーヒーを買ってますか?

ちょっと前までは、職場の近くにあるお気に入りの喫茶店(珈琲亭駱駝)か、これまたお気に入りの茜屋珈琲店へ行くことがあればそこで豆を粉に挽いてもらったのを買ってました。
買って帰ると部屋中にコーヒーのいい香りが漂って、それだけで幸せな気持ちになれるですよね。

でも鮮度が命のコーヒーはフリーザーバックで密封して冷凍保存しないといけないうえ、2週間くらいで味が落ちちゃうので、最近では豆のまま買ってきて、飲むたびにミルを使って挽くようにしてます。

幸い家の近所とテニススクールの近くにコーヒーローストという専門店があって、たくさんの種類の中から好みの豆を生豆からその場で焙煎してくれるんです!
しかも焙煎中には1杯ずつドリップしたコーヒーをサービスしてくれます。

そんな買った直後のコーヒーはコクも風味も最高においしいんですよ。一度味わったら病みつきです。


昨日はキャンペーンで特価になっていたエメラルドマウンテンにを初購入。
おかげで部屋にはコーヒーの香ばしい香りが満ちていて、昨晩はついつい夜更かししちゃいました。

今夜一杯いれようかな。
[PR]

by furuyan_jp | 2006-10-16 14:49 | Coffee

茜屋珈琲店 梅田店行ってきました

もう先週のことだけれど、四国へのラフティングツアーの帰りに大阪のホテル日航ベイサイドでもう1泊してきました。JALの利用クーポンがあったので、実質的な出費は0。チェックインするまで知らなかったけれど、23Fに「天然展望スパ コクーン」なんてのがあってビックリ。通常は1人2,000円のところが宿泊者は半額になってたので行ってきました。男湯はがらがらだったけど、女湯は20分くらい待たされるほど人気でした。宿泊者も女性のみのグループが多いみたい。

USJの目の前だというのに、翌日はUSJへは行かずにゲートで折り返して(笑)、大阪駅へ。お昼過ぎに梅田地下街の茜屋珈琲店の梅田店へ行ってきました。さすがに時間がなくって神戸まではいけませんでした。

いつもは茜屋ブレンドを頼むのですが、たまにはと思って一緒に行った嫁はマンデリンとチーズケーキを、僕はキリマンジャロとココアのケーキをオーダーしました。写真はキリマンジャロとココアのケーキです。個人的には濃厚なチーズケーキの方が好みかな。

店内には昨年12月に雑誌Hanakoに掲載されたときの切抜きが飾ってありました。新聞に掲載されたときは翌日に、雑誌に掲載されたときは2週間くらいの間はお客さんが増えるそうです。そのうち固定客になるのは何%くらいなんでしょうね。

写真1:梅田店入り口の看板前で
写真2:キリマンジャロとココアのケーキ
写真3:綺麗に並べられたカップとグラス

[PR]

by furuyan_jp | 2005-09-24 18:14 | Coffee

今日はキリマンジャロ

d0028964_23234289.jpgちょうど先週に珈琲がきれたので、家の近所にある「豆工房 コーヒーロスト」でキリマンジャロを200g購入。さっそく夕飯後に淹れてみたけど、やっぱり買ったばかりの珈琲は一番おいしいですね。このお店はチェーン店だけれど、生豆をその場で焙煎してくれるところと、待ってる間に珈琲を1杯出してくれるところが嬉しいです。
先日購入したコロンビアも美味しかったけれど、キリマンジャロもスッキリした味わいで好みの味。それよりも珈琲はやっぱり香り。飲み終わった今もいい香りが部屋に残っていて、それがまた嬉しい。

[PR]

by furuyan_jp | 2005-05-08 23:25 | Coffee

深沢店に行ってきました

有明からの帰り道、茜屋珈琲深沢店へ足をのばしてきました。恵比寿から恵32系統用賀行きに乗って学芸附属小学校で下車 停留所目の前のマンションの1Fにありました。バスに乗って路線図をみてわかったのですが用賀からの方が近かったです。用賀からは8駅 恵比寿からは16駅もありました。d0028964_19462158.jpg
たまには違うものを頼もうかとも思ったのですが、結局ブレンド珈琲を頼みました。だしていただいたカップは大倉陶園のものでした。僕が着いたときにはお客さんは誰もいませんでしたが、頼んだブレンドを飲んでいると次々とお客さんが入ってこられてました。ちょうどお店の正面が住宅展示場になっているので、そこへのお客さんが流れていてるみたいです。
お店の外観や店内は他の茜屋さんと同じような落ち着いた雰囲気で、ついつい長居をしてしまいたくなる喫茶店です。店内に「偲ぶ 茜屋珈琲店主人」という本があったので、お借りして2時間も読みふけってしまいました。
この本は、創業者の船越氏が亡くなったあとに、奥様の都さんが故人を偲んで自費出版したものだそうです。船越氏が生前に出版した著書も再録されていて、創業当時の話や茜屋珈琲店のこだわり、取材に来たマスコミへの応対のこと、軽井沢への出店の経緯などなど、とても興味深い内容ばかりでした。
あいまいな記憶で内容を紹介しては失礼なので、茜屋珈琲店についてもっと知りたい方は、是非お店を訪れて、ご一読されてみてください。

More
[PR]

by furuyan_jp | 2005-04-30 19:59 | Coffee

学芸茶房で珈琲を購入

d0028964_2021833.jpg昨日、昔通っていたことのある学芸大学の学芸茶房という喫茶店で「自家製炭火焼ブレンド珈琲」を200g購入。本当に自家製かと思っていたらトーアコーヒーというメーカーからの仕入れ品でした。ロースと済の豆が紙パッケージに入ったものを渡されて、ちょっとガッカリ。

先週電動のミルを購入してあったので、夕飯後に早速ミルで豆を挽いてみたのですが、挽きすぎたのかさらさらの状態になってました。自分のイメージでは、もう少し粗く挽くつもりだったんですが。。。ちょっとずつ試行錯誤しないとダメですね。
お味はというと、ちょっとコクが足りない感じでした。
う~ん、35点かな。落第です。

え?お前は茜屋珈琲店のファンじゃなかったのかって?
すんません。銀座までは行けませんでした。。。
[PR]

by furuyan_jp | 2005-04-25 20:07 | Coffee

茜屋珈琲店の○さんと!

d0028964_15335171.jpg某SNSで茜屋珈琲店のコミュニティを開いていたら、なんと神戸店の娘さんが参加&コメントをしてくださいました!お店でも時々お手伝いに来られて、珈琲を淹れているとのこと。僕が神戸店へ通っていた頃は、よくお店へ出られていたそうで、お会いしていたかもしれません。

茜屋珈琲店のファンを増やそうとコミュニティを作ってましたが、俄然やる気が出てきました。残念なのは、僕自身がなかなか茜屋珈琲店に通える環境にないこと。通勤途中に銀座店があるんだけど、僕が帰る頃には閉まってそうだし、お昼に足を伸ばすには遠いし、日曜日はお休みのようだし。銀座店にはまだ行ったことがないので、そのうち絶対に行ってやる!

それにしてもこんな方と出会えるとは、ホントにオドロキました。
[PR]

by furuyan_jp | 2005-04-21 17:04 | Coffee

BROOKSの珈琲をブレンドしてみた

プロジェクトルームの給湯室にBROOKSのお試しセットを置いてます。
ちょっと前まではドリップバッグのままマグカップにドリップして飲んでたのを、最近はドリッパーとペーパーフィルターを用意して、そこにドリップバッグの中の珈琲を移してから、ちゃんとドリップして飲んでます。ドリップバッグで淹れるよりもしっかりした味の珈琲ができるので、結構気に入ってます。
今日はコロンビアとモカを1袋ずつブレンドしてドリップしてみました。2杯分の珈琲をつかってドリップしたのでかなり濃厚なコクのある珈琲ができました。たしか茜屋珈琲店の珈琲がモカとコロンビアのブレンドだったような。あれ?モカとマンデリンだったかな?
[PR]

by furuyan_jp | 2005-04-20 14:44 | Coffee

喫茶店の三極化

さびれた珈琲屋のマスターの本棚」というBlogに興味深い記事がありました。

フードサービスコンサルタントの永嶋万州彦さんの話によると、喫茶店は三極化するとした。
確かにそうだった。

1)低客単価高回転型=主力商品であるコーヒーを安く売り、客数を飛躍的に伸ばす。典型的な例はドトールコーヒー。

2)高客単価低経費型=主力商品であるコーヒーを高く売り、客単価を上げ、原材料費、人件費を低減する。例として、神戸の萩原珈琲 の炭焼き珈琲を高級ブランドカップをカウンターごしに並べて飲ませる茜屋珈琲店をはしりとした店。

3)スキ間商品強化型=訴求力のあるフードメニューを主力とし、客単価のスキ間を狙う。いわゆる、主たるフードメニューをパスタ・ピザ・ハンバーガー等にしぼり、レシピはプロが作成し、調理はアルバイトでも可能な店。

それぞれが少しづつ手を替え品を替えながらも今日に至っている。

この3つの中で個人経営者が目指すべきであるのは2)高客単価低経費型であると永嶋さんは言う。
一等地でなくとも路地裏などの二等地でも成り立つ。わざわざ来ていただく、商品にこだわりと他店にはない強烈な個性があることが条件だった。


記事中にも紹介があるように、茜屋珈琲店は2)の典型なんですね。

この記事のほかにもこのBlogには興味深いエピソードがたくさん並んでいます。この記事なんか読んでいると、是非一度珈琲を飲みに行きたい!と思いましたが、残念ながら今はもうやっていないようです。喫茶店の経営の大変さとありがたさを痛感します。
[PR]

by furuyan_jp | 2005-03-31 16:38 | Coffee

三宮店の紹介動画

関西どっとコムにて三宮店の紹介動画が掲載されてました。動画の中で紹介されている若山恭子さんは、4年前に僕が三宮店へ通っていた時にもいらっしゃいました。
紹介文を書いたと思われえる方Blogがリンクされてました。


[PR]

by furuyan_jp | 2005-03-29 16:14 | Coffee